Pocket

その2はこちら  その3はこちら

9月の3連休を利用して、行ってきました!

今や国民的アニメという立ち位置にまでなった、『名探偵コナン』シリーズ。
劇場版は毎年のように大ヒットし、映画界でも1,2を争う人気っぷりです。

そんなコナンの生みの親である、青山剛昌。
彼の出身地である鳥取県北栄町は、今やコナンの町ともいえるほどになっています。

コナン空港にコナン駅、公用車もコナンのラッピングカーになっているなど、町を挙げてコナンを押し上げています。
アニメのキャラとその作者による町おこしが成功しているわかりやすい例だと思います。

そんな作者の青山剛昌とコナンの記念館が、出身地の北栄町にあります。
山陰地方にドライブに行く際には、ぜひとも立ち寄りたい場所です。

これまで何度か行っていますが、2017年に開館10周年を迎えており、まだまだ人気は衰えることはありません。
むしろ映画の興行収入は毎年更新しており、2018年の「ゼロの執行人」も大ヒット。
ふるさと館も、前に行ったときよりパワーアップしていました。
前はたしか、あがさ博士は乗っていなかったはずですが、今回は乗っていたり。

お土産コーナーも充実していますし、ついつい立ち寄りたくなる場所です。
次に来るときは何がパワーアップしているか。
まだ行ったことのない方、コナンの聖地ともいえる北栄町の『青山剛昌ふるさと館』、ぜひ足を運んでみてください。

その2はこちら  その3はこちら